レーシック手術に行く前に読む、レーシック手術の失敗についての具体例

レーシックの失敗例は、探すとかなりの例が見つかります。
まず、医師の技術不足や病院の設備が悪かったことが原因で、乱視や後遺症が引き起こされることがあります。
治療中、レーザー照射がずれただけで乱視になり、せっかく視力が上がったのに乱視に悩まされるケースもあります。
また、暗い場所で物が見えにくくなる例もあります。それとは対照的に、明るいところが見えすぎてしまい、太陽の光や明るい部屋などの光が、かなりまぶしく感じてしまうこともあります。
レーシックを受けた方で、いつもまぶしそうにしている人の例は割と多いです。
この症状は、手術後に角膜が安定してくることによって、徐々に改善されていくことが多いですが、改善を待つ間はかなり不快な思いや、不便さを感じる人もいます。
次は、角膜を薄く削ったために起こるドライアイです。
もともと、ドライアイの症状がなかった人でも、手術後は目が乾きやすくなり、目薬を使う生活を余儀なくされたりします。目薬の習慣がなかった人は、目薬をさすのに戸惑うこともあります。
前からドライアイに悩んでいた人は、症状がさらに進んでしまうことがあります。
これは目薬を処方してもらい、頻繁にさして、対処する方法があります。
ドライアイのケアとセットになった手術プランを挙げている病院もあるので、気になる人はプランを相談すると良いでしょう。
次は、視力回復のしすぎについて。
視力を格段に上げるため、見えすぎて逆に疲れてしまうという人もいます。今まで視力がとても悪かった人は、とにかく裸眼ではっきり見えるようになりたいという気持ちが強いと思いますし、最高レベルにまで視力を上げたいという気持ちになると思います。
また、病院やクリニック側としても、視力を数値で表して、こんなに上がったとアピールしたい傾向もあるでしょう。
しかし、いざ視力を最高に上げてしまったら、今度はクッキリ見えすぎてしまい、逆に目が疲れるようになったといいます。それは今まで裸眼にするとぼんやりしか見えていなかったから、慣れないのかもしれないですが、何でもかんでもハッキリと見えすぎると逆に疲れるようです。
レーシック手術は、あまり失敗例について細かく語られることはないと思いますが、レーシックを受ける上で失敗例も把握しておくことは大事です。
また、適正があるので、自分は手術に適しているのか知る方法があります。手術を受ける前に必ず適正検査をして、もし適正がないと医師から言われたら、諦めることも考えたほうが良いです。