レーシック難民にならないように私たちが知っておかなければならないこと。

レーシックとは角膜屈折矯正のことを言います。目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることによって目を矯正させる手術のことを言います。
日本に普及され始めたのは2000年にエキシマレーザーが医療機器販売の承認を受けたことによって手術が開始されました。普及当初は両眼60万以上していましたが、現在では手術数や手術を行うクリニックが増えたことで両眼8万~50万程度と差が開くようになりました。手術には健康保険が使用できないので、料金表示を巡って不祥事が起きるケースもあります。
レーシックが普及していくことで新たな問題が浮上しています。
それは「レーシック難民」です。これは手術後、目や体に異変が起こっているにも関わらず、手術したクリニック先で適切な治療を受けることが出来ず、ほかの病院やクリニックを転々とする人のことを指します。
最近ではサッカーの中継で手術を受けた選手の目が明らかに腫れてしまっていて「彼も難民の一人なのでは」とネットで話題になりました。
主な症状としては不正乱視・過矯正・角膜感染・充血・疲れ目・眩暈・激しい目の疲れ・斜視・視力再低下・眼精疲労など目に関する症状の他に、慢性頭痛・鬱症状・吐き気・不眠症状・全身倦怠感になってしまう人もいるそうです。
現在、手術は医師も患者のニーズの把握が可能になり不衛生面での失敗でないとすれば、技術面でのトラブルは少なくなってきているそうです。
しかし、難民が出ているのが実際です。
どうしてかというと、検査には現れないタイプの症状が出ているからだそうです。
患者も医師も視力が回復する=遠くにあるものがよく見える。と思っている人が多いようですが、それはいちがいにそうとは言えないそうです。
手術は角膜を削ることで矯正をしているので1.5になるような矯正をしてもそれでは合わない人がいます。
遠くのものが見えるようになったとしても近くのものが見えにくくなってしまい、近くのものを見る時、たとえば本を読んだりなどする際に疲れやすくなってしまいます。
そのため目を酷使してしまい先ほど述べたような症状になってしまう患者さんが少なくありません。
しかし、いくらクリニックに症状を訴えても検査にはなんの異常も見られないので治療のしようがなく「様子を見て下さい」で終わってしまうことが多いようです。
レーシックをすることで必要な視力が取り戻すことが出来ますが、見えづらくなってしまっては高いお金を払う意味がなくなってしまいます。
まずは前もって勉強し知識を持ってから、信頼出来るクリニックを探すことが重要だと考えられます。