レーシック専門クリニックの手術費用が安い理由と期待できるサービス内容

角膜の角度を変化させることで照準を正しく認定する事が出来るようになり、視力が改善されるということから、アールケー法など視力回復方法が発案されて実行されてきました。
角膜の角度を変えるために、メスではなくレーザーを使用することによって、安全性を飛躍的に高める事が出来ると考えられて、発案されたのがレーシックです。
エキシマレーザーという工業用に使用されていたレーザーは、衝撃波も熱も発生する事がありません。対象とした範囲のみを正確に除去することが可能であることから視力回復手術に使用されるようになっています。
1980年代から研究がすすめられたエキシマレーザーを使用しての視力回復手術は、1990にギリシャで行われて、1990年代にはアメリカでも認知されるようになりました。
2000年には、エキシマレーザーが厚生労働省で認可された事によって、日本でも手術を受ける事が可能です。世界中で多くの人が成功した方法であり、近眼が多い日本では特に需要が非常に高いという事から一般の眼科医からレーシック手術を専門に行う専門クリニックに転向したケースも増加しています。
レーシック手術は、治療費用や治療内容を医療機関の側が自由に設定することが出来る自由診療に分類されているので、治療にかかる金額はクリニックによって異なっています。
その中でも専用クリニックは、治療費が比較的低く設定されているという特徴があります。専門クリニックの手術費が低くなっているのは、手術を行う件数が多いという事が理由です。
総合治療を行っている眼科医の場合には、他の疾患に対しての治療も並行して行うので、レーシック手術だけに専念することはできないので、手術を行う件数は少なくなってしまいます。
エキシマレーザーなどの高額で特殊な機材を用意しなくてはならないので、件数が少ないという事は、1回あたりの金額はどうしても高くなってしまいます。
金額が高いからといって、メリットが何もないわけではありません。術後にトラブルが発生した場合でも総合的な治療を受ける事が出来るのは、総合的な眼科で手術を受けるメリットとなっています。専用クリニックの場合は、専用の機材と専門スタッフが在籍しているので、スムーズな流れで治療を受ける事が出来ます。手術前のカウンセリングや、分割しての治療費の支払いが可能であるなど、専門クリニックならではのサービスが数多く、用意されています。